申し込みブラック 借りられない

申し込みブラックで借りられないほど借金がヤバいならまずは無料相談

申し込みブラックで借りられない

 

申し込みブラックで借りられない

 

借金の返済に困ってキャッシングやカードローンの申し込みをしていたら申し込みブラックになって借りれなくなってしまった。

 

 

もし、あなたが月々の返済に苦しんでいる多重債務状態に陥っているなら、無理に借りようとせず債務整理をするのも一つの手段です。

 

もしあなたに定期的に収入があり、返済能力があると見込める場合は、任意整理や個人再生という手続きが取れます。
もしあなたに定期的に収入がなく、返済能力がない場合は、自己破産という手続きを取ることができます。

 

申し込みブラックになって借りられないほど自転車操業を繰り返しているということは、「借金を返す意志がある」ということですよね?

 

そうであれば債務整理をして借金の返済額を減額するのがおすすめです。

 

このまま自転車操業を繰り返していつパンクするか分からない状態で生活を続けるのは経済的にも精神的にも辛いだけだと思います。
もし今後、本当に首が回らなくなって家族や会社にばれてしまったら、それこそ普段の生活を続けるのが難しくなってきます。
実際に、私のまわりでも「借金の取り立ての電話が会社に来てしまって、居づらくなったので会社を辞めた」という話を聞いたことがあります。

 

ですから、そういう状態になる前に借金問題のプロである弁護士に相談するのがおすすめです。
こちらのフォームを使えばあなたの借金状況に合った無料相談ができる弁護士事務所が見つかります。

 

実名や住所を入力する必要もなく、「申し込みブラックで借りれない」という多重債務者でもOKです。

 

 

※もし仮にヤミ金問題で悩んでいるならこちら
ヤミ金問題に強い弁護士事務所
ヤミ金問題に強い司法書士事務所

 

申し込みブラックで借りられない状態とは?

 

申し込みブラックとは、短期間にキャッシングやカードローンの申し込みをしてしまった結果、それ以上申し込めなくなる状態のことをいいます。

 

なぜこの申し込みブラックという状態になるかというと、クレジットカード会社や消費者金融でキャッシングやカードローンの申し込みをすると、信用情報機関に申し込み履歴が登録されます。
そして実際にお金を貸し出すかの審査をする場合、この信用情報機関で個人情報をチェックします。

 

その際に短期間に申し込み履歴があった場合、

 

「お金(借金)で困っている多重債務者じゃないのか?」
「多くのところで申し込んでいるけど返済能力はあるのか?」

 

と疑われる可能性が高くなります。
貸し手側としては、「きちんと返済されないリスクがある限り、お金は貸せない」となるのは当然のことだと思います。

 

クレジットカード会社や消費者金融ではもちろんのこと、友人知人の間でも多くの人にお金を借りている人やそういった噂がある人にはお金を貸したくないですよね?
ですから、短期間に多重申し込みをしている人を申し込みブラックとして新たに借りられない状態にしているのです。

 

ちなみに、この短期間というのは具体的にどれくらいの期間かというと、1ヵ月に3件以上の申し込みをすると申し込みブラックと判断される可能性が高くなります。
そして、もし申し込みブラックになってしまった場合は、もうどこで申し込みをしても借りられない状態になります。
一般的には信用情報機関での履歴は6ヵ月以上たたないと消えないとされています。

 

申し込みブラックで借りられない状態になってしまったら弁護士に相談するタイミング

もしあなたが申し込みブラックになってお金が借りられない状態になってしまったら、弁護士に相談するタイミングです。

 

申し込みブラックになってしまったということは少なくともあと6ヵ月程度は新たに借り入れをすることもできないということです。
多重債務者になってどこからも借りられない状態になった場合、借金の返済をしていくのも困難になるはずです。

 

そうなってしまった時に、自己判断をして間違えた方向に進んでしまうと取り返しのつかない状態になってしまう可能性があります。

 

ですから、申し込みブラックになって借金の返済が不可能になってしまったら、勇気を出して弁護士に相談してみて下さい。
自分ではもうどうしようもなくなった時に頼れるのはその道の専門家です。

 

こちらのフォームで無料相談ができる弁護士事務所が見つかるので、まずはここから一歩を踏み出しましょう。
匿名可能、住所入力不要なので誰にもばれません。

 

 

※もし仮にヤミ金問題で悩んでいるならこちら
ヤミ金問題に強い弁護士事務所
ヤミ金問題に強い司法書士事務所